So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年0504

2017-05-04T17:49:13.jpg


今日は、エメラルドの日、なんだそうです。

みどりの日と一緒に日付がお引っ越ししてきたようで。
色彩を重視して引っ張ってきたんでしょうね。

本来、モース硬度をみるとかなり硬い石なのですが、内部に多数の傷を抱えていると云う結晶の性質上、衝撃に極端に弱く。
指輪の台に取り付けるだけで割れることさえあり、職人泣かせの石と言われているようです。

もともと、これらの鉱石は単なる化学記号で示される分子の塊で。
そこに、人が美しいといく気持ちをのせたから評価されているんですよね。
だから、本来同じ物質であっても色彩が違えば別のもの。
別の物質であっても性質が似ていれば同じ分類枠の中。
なんてことがあったりなかったり。

見た目や性質で分類していた時代、それはそれで楽しかったと思いますが。
あれは同じものだったのか、とか、
あれは全くの別物だったのか、とか、
そういう衝撃に胸が高鳴る瞬間は、人生が変わるだろうなぁ、と思います。
誰だって、いろんな称号がほしかったりするんだろうけど。
新たなものを発見する科学者たちは
たぶん、発見したその瞬間は、
称号や肩書きよりも、その衝撃に胸が踊るんだろうなぁ、と。
そんなことをぼんやり思ってしまいました。


コメント(0) 
共通テーマ:moblog