So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年1226

Screenshot_20161225-051958.jpg


賛否両論ありますが。

個人的には、怒るのも仕方ないと思います。
確かにそれを見て、本人や関係者は胸を痛めるかもしれません。
でもそれは、彼らの責任なので受け止めてもらうしかないんだと思います。

自分も、大好きな洋楽アーティストを追いかけて大阪に行ったとき、突然のキャンセルで、3日間の大阪旅が白紙になったことがありました。
その時は、こんな事故ではなくて、アーティスト側の都合で、としか公表されておらず。
新大阪の駅で呆然としたのを覚えています。
泣く余裕もなく、ただ呆然としていました。
旅費とか、チケット代とか、そんなお金のことよりも、彼らの曲が聴けないことが残念で。
それっきり、10年以上も彼らは日本に来るとこはなく。
後日返金されたお金を見ても、切なさが残っていました。

高額なチケットも、参加できずに終わったこともありました。

だから、怒る人の気持ちもわかるし。
好きだからこそ、当たりたい気持ちもわかります。

でもそれは、そこにかけたお金が自分にとってどれだけ重みを帯びているか、にもよる気がします。

お金の価値は、人それぞれです。
同じ金額を、高いととるか、安いととるか、それは個人の価値観です。
だからこそ、同じ目線で話すといざこざの原因になるんだと思います。

「今回のチケット代は治療費に使ってほしい」そう言うのではなく、
「私の払ったお金は治療費にあててほしい」と言えば角がたたないのではないでしょうか。

人の払ったお金についてまで、使い途を指定するのはだめだと思います。
そして、人の心まで決めるのもだめだと思います。

深い悲しみや衝撃の中にいる人に、その人が頼るべき人以外が、そのマイナスの気持ちを批判しても気持ちは変わらないと思います。
たくさん怒って、たくさん泣いて。
自分自身の気持ちをいったん吐き出したら、いつかゆっくりとその出来事を消化して、許せる日が来るのだと思います。

だからそれまでは、
辛辣な言葉を口にするほど辛い気持ちを否定するのではなく、一緒に泣いて、背中をさすってあげるような気持ちで見守ってあげてほしいなぁ、と思います。

だってたぶん。
本当に彼らが好きで。
彼らに会いたくて必死だったんだなぁって思う人が多いから。
時間がたてば、自分なりに解釈して、また彼らに会いに行くんだと思うんですよね。



なんて。 ちょっと思いました。


コメント(0) 
共通テーマ:moblog

2016年1207 [ライブ]

フュージングぐ青ガラス.jpg

GENERATIONS@代々木

数年ぶりの代々木は、のほほんと楽しんできました。
ライブが前回の横浜よりも盛り上がっていたのを考えると、
もしかしたら、アーティストのほうも初日の方が体力的にも万全だからいいのかもしれませんね。

それはさておき。
GENERATIONSについての勝手な考察。

ダンスは、個人的には一番お気に入りのグループではありますが、
なにせまだ結成4年目ということで、貫禄が足りないのかな、と。
貫禄というか、自信というか。なんか、そういう感情的なものが幼いなぁと。
それがもちろん魅力だと感じている人もたくさんいるんだけど。
礼儀正しくて、客席への感謝もしっかりしているんだけど、
もう少し強気に引っ張っていければ、ドームレベルになるんだろうな、と。

あとは、バックダンサーとの別格化が不十分だなぁと思います。
体格がどうしても同じくらいになってしまうので、バックダンサーとメンバーとの明確な線引きができると、客席からの感情が高みを見てくれる気がします。
せっかくタキシードに身を包んでいても、黒と白だと、白が目立つこともあるし。
ジャケットを脱いだ時に区別がつきにくいこともあるし。
本人たちがカラフルな衣装を着ているなら、バックダンサーは単色でいてほしい。
もちろん、バックダンサーへの配慮は必要かもしれないけれど、個人的にはもう少しメンバーを強調してほしかったなぁと。
そうじゃないと、あれ以上大きなステージに映えない気がしたり。

あとは、
ファン層が少し若いので、そこに合わせなきゃいけないのももちろんあると思いますが。
三代目やSECONDEXILEよりも、
もうすこし綺麗めな英国風な雰囲気が好きな方たちをファンに引き込めると一気に人気が出るような気がします。

なんて。
ちょっと評論家風に。


コメント(0) 

2016.1202 [ライブ]

AlexanderMcQueen2005SS.jpg

GENERATIONS

HiGH&LOWが楽しかったので。
ミーハーな気持ちで横浜アリーナへ。

映像のクオリティや演出の魅せ方はさすがLDHといった豪華なもので。
若さあふれる元気なステージにうきうきしてきました。
彼らだけじゃなくて、EXILE系列の世界観はとても芸術的で。
ファンタジー映画のようなMVの映像美は、何度見ても飽きないですよね。
ステージもそれを具現化したような世界観なので、ファンが多いのも納得です。

なのですが。
前から少し気になっていたことが…

世代なのか、最近の流れなのか。
客席から彼らに向ける情熱は感じるのですが、楽曲や彼らのステージそのものに向ける情熱は少ないなぁ、と。

アンコールの声援の少なさとか。
楽曲の合間の着席とか。
ほとんど声を出さず、旗を振るだけの感じとか。

なんか、冷めてる…というわけでもないんだけど、
必死さがない?というのかな。
それともアーティストに慣れている世代だからなのかな?

思い出してみれば、LDHだけじゃなくて他のアーティストのライブもそうだったような気もしますが。
なにせ、長く追いかけたGLAYやLUNASEAといったアーティストのライブは、情熱的な人が多くて。
彼らや、彼らの音を切実に求めているその感情の波を当たり前のように感じていたので。
あの、ステージへと向ける悲鳴や慟哭のような感情の起伏が少し少なく感じてしまいました。

三代目やEXILEはもっとすごいよ、と、周りの友人に言われましたが。
HiGH&LOWの三代目のステージや、数年前に見たEXILEのステージも、
自分にとっては、叫んだり声を出したりするのはあったけど、でも、やっぱり穏やかだな、って思います。

いろいろ考えたけど。
でもやっぱり、LDHを求めている人と、LUNASEAを求める人と、GLAYを求める人の、その求めるきっかけがちがうんだなぁと。
それが、どうだとか言うつもりはないけれど。
でも、違うんだよなぁ、って。

だから、すごかったんだな、って思いました。
嫌いじゃないけど、200本参加したから、もう行かないほうがいいんだろうなって思うから。
もっと情熱的に彼らを求める人に参加してほしいんだろうな、って思うから。
GLAYはお休みモードですが。
その貫禄とか、楽曲にのせる想いのベクトルとか、そういうのは、すごかったんだな、って。


コメント(0) 

2016年1130

PIC0000CC.jpg


お天気雨。
狐の嫁入り。
日照雨(そばえ)。


いろんな呼び名がありますが、個人的には「狐の嫁入り」がお気に入りです。

今だったら、雨雲や風の流れ、気圧の変化、気温の原理。
いろんなことを加味して、分かりやすく解説することができるけど。
昔の人は、晴れと雨の二つの天気が同時に訪れることが不思議だったんだろうなぁ、と。
ふわ、と、面白さが込み上げます。
物事の基準って、時代の流れだなぁ、って。


コメント(0) 
共通テーマ:moblog