So-net無料ブログ作成

2016年0314

14579488816100.jpg


3.14159265...

丸い形は、なんだかとてもかわいくて。
個人的には、フリーハンドの歪んだゆるい丸が好みなのですが。
数字を追いかけた学生時代は、歪みのない生粋の円に憧れていました。

偶数が好きで、
割りきれない数がもどかしくて、
でも、3だけは、なんとなく許せて。
そんな感覚的な数字の好みは、
円周率の呪文のような数字の羅列も例外ではなかった気がします。

3.14

ホワイトデーより、円周率の日、の方が心惹かれているのは、秘密です。


コメント(0) 
共通テーマ:moblog

2016年0303 [ライブ]

14570697109670.jpg


@京都

しまきゅんがよく見えて。
なんだか、ほっこり楽しめました。
近いけど、緊張しない距離でよかったです。

バラードのはじまりで、気持ちを込めるように拳で小さく胸を叩くのとか、
大事な言葉なんだろうな、ってところで歌詞を口ずさむのとか、
すきだなーって。

でも、will be king は、やっぱり目を閉じて弾いていました。
切なそうに指で弾きながら、何を思っているのかなーって。
【震える拳がつかむもの】では、空を仰ぐように目を閉じていたのが、印象的でした。
きれいだなーって。

あとは、しまきゅん専用の小さなステージで、めいいっぱい跳び跳ねたりしているのを見ながら、
演奏を重視するために、と、あえて定位置を動かないようにしているのがよくわかりました。
たぶん本当に、制限をかけないと感情に流されてしまうんだろうな、と。
アーティストだし、人気者だから、ステージを縦横無尽に駆け回る方がファンは盛り上がるんだろうけど。
自分のあり方を、きちんと見据えている感じが、なんかしまきゅんらしい気がします。

ビジネスとして、いい意味で割りきって。
だからこそ、演奏とか、演出とか、表現がきちんとまとまるんだなーって。

逆に、歌い手は、日頃遊んでいるのがよくわかる感じでした。
彼が好きなら、たぶん、あれも彼らしいと思うんだろうけど。
下手になったなーって、ちょっと残念でした。前半の方が、きれいな声だったのにな、なんて。
アーティストのなかにもいろんな人がいて。息抜きをした方が巧くいくこともあったり、ツアーの合間に遊び倒した方が良い音を奏でられる人もいると思うけど。
彼はたぶん違うから。
ストイックに、歌と向き合う方がいいと思うんですけどね。
あとは、ふとした瞬間に冷めてしまう感じとかもよく見えて。
内輪受けの楽しさも、いちファンとしてはちょっとつまらなかったり。

でもまあ。
近い距離というのは良いことも、切ないこともあったり。
なので、参加予定だった明日は、欠席になりました。

…前もあったなぁ、こんなこと。


コメント(0) 
共通テーマ:moblog