So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年1127 [ライブ]

002.jpg


tourbillon@国際フォーラム

8年ぶり。
待っていたのは長かったけど、歌声をひさびさに聴いたらそんな気持ちはどこかへ行ってしまいました。

うっとりと、漂うようにたゆむように。
全身に浴びるような、沁みるような。

幻想的な楽曲に少し痛みのある言葉を載せるのが、
りゅうの胸の内側の深淵を見ているようで、切なくて。
無機質なはずの楽器の音が煌めきのように歌声を彩るから、
感情的な歌声が際立つようで。

ああ、きれいだなぁ、って。

響かないような気がしたのは、空白の時間のせいだったんだと思います。

柔らかいMCは、これはこれでかわいかったし。
セットリストも聴きやすかったし。
heavenとか、アゲハとか、杞憂とか、your placeとか、
なんだか本当に感動で。
音割れが許せるくらい、本当にりゅうの歌声が愛しかったです。

今年は、たくさん聴けたなーって。
ルナも、ビヨンも。
やっぱりりゅうの歌声で。
心が折れそうになるたび、響く音はいつもその歌声で。
泣かせてくれるのも、救ってくれるのも、この音色なんだなぁと。

歌い続けてくれることに感謝して。
最大の称賛を贈りたいと思いました。


コメント(0)