So-net無料ブログ作成

2015年0726 [ライブ]

1431570837286.jpg


@函館

あの、新しいベースと新しいギターの音が聴きたくて。はるばる函館へ。
考えてみたら、10年ぶりだなぁ、なんて。

楽曲としては『紅と黒のMATADORA』が聴きたかったんです。
仮タイトルの、米子の踊り子、の時から好きで。ファンの方々から不評だと聞いて切なかったのですが、
選んでもらえて嬉しかったです。

あとは、やっぱりラストの『MUSIC LIFE』ですね。
この曲だけ聴くのでも、ここまで来たかいがあったと思えました。

ジロウくんのコーラスは少し感情的で。
ツアーで聴いたのとは雰囲気が違っていたけど。かっこよくて。

ラストのフレーズは、センターに出てきたきり立ち位置に戻らずに、大きな口を開けて歌っていました。
歌いたい言葉とか、伝えたい情熱とか、なんだかそんなことがじわりと沁みてくるようでした。
楽曲の前半は、コーラスの時に走って地位置に戻ったのに。
後半の音を聴いていたら、コーラスのために戻ることはないんだろうなぁ、って、なんとなく思えて。
でも、歌い手がマイクを共有してくれたので、少しだけ声が聞こえたのは嬉しかったです。

あとは、そういえば、『a boy』では、高音のコーラスがきれいでした。
楽器隊の音域に近いのか、聞き取りにくさはありましたが、好きだなぁ、って。

そんな、ひとときでした。


コメント(0) 
共通テーマ:moblog

2015年0720 [言葉]

2015-07-19-20-52-38_deco.jpg


今日はなんの日。

アポロ11号の月面着陸記念日なんだそうです。
真偽を問う議論が交わされる中、本当はどちらでもいい気がします。
妖精と戯れる子供の写真に真偽を問うた事件のように。
真実は当事者だけが知っていればよくて。夢のような一歩は確かにあったんだと思うし。そのお陰で、冥王星まで到達することもできたわけだし。
自分のような一般人は、夢のような事実に感動すればいいような気がします。

もし自分が、月に足跡を残せたなら。
ただ、その事実だけで感動して。
何かしたいとか、何を確かめたいとか、そんな野望って実はなくて。
ただ。そこに行けただけで幸せだと思うんです。
宇宙って、そういうもののように思います。

宇宙はまだ遠い世界のお話で。
大気圏という厚い壁は、深海の圧倒的な重力よりもやっぱり遠くて、威圧的で。
深海に行った人は、宇宙に行った人よりも少ないけど。
でも、深海はそれでも、地球のものだから。
どんなに遠い地でも、日本の領土と諸外国の領土には、確かに国境というきっちりとした境目があって。
どんなに近くても、外国なんだと、どこかで痛感するような。
そんな境界線が、大気圏な気がします。

大切に護ってもらえる安全圏と、
その外側に拡がる空間の、
物理的には越えられるけど、精神的に越えられない境界線は、
果てしないロマンだなぁ、って思うんです。


コメント(0) 
共通テーマ:moblog

2015年0701 [ライブ]

2015-05-27-22-25-55_deco.jpg


@求愛。

チャットモンチーは、
蜂蜜色の歌声の裏側に、深い夜色の闇を内包しているようで。
物語の真ん中に、あえて立って歌っているようでした。

それは少し危うくて。
でも、その両極端の感覚は、好きでした。
不思議ちゃんのようで、でも彼女は本当は誰よりも現実を理解しているようで。
内に秘めたものの大きさと、深さが、魅力的でした。

あの世界観は、まだ彼には歌いきれないだろうな、って。
歌声の強さも、彼女の方が勝っていた気がします。

あとは、あんまり見えなくて。
何となくまだ気持ちがついてこなくって。


コメント(0) 
共通テーマ:moblog

2015年0628 [ライブ]

1435498047188.jpg


声帯炎だったんですね。
どうりで、戻りきらなかったんだなぁ、と。

でも、2日間、憧れた音の中にいた自分は幸せで。
ありがとうの言葉しかありませんでした。

あんな風に、杉ちゃんの耳元で歌ったのは、その声を確かめるためのようで。
大丈夫だと、その奥にある想いまで聴かせるために耳元に口を寄せたのかな、って思ったり。
ぼんやりとりゅうを見つめるジェイの横顔が懐かしかったり。
音を紡ぎ直すイノランのピッキングの鋭さが愛しかったり。
真ちゃんの花火のような鮮やかなリズムが鼓動に共鳴したり。

MCのおかしな発言や、言葉の選び方が少しちぐはぐで。
自分のためではなくて、誰かのためにやっているんだと、ふんわりと思いました。

声は戻っていなかったけど。
でも、やっぱりりゅうの声であの歌も、この歌も聴きたかったから。
歌ってくれただけで感謝しました。

聴きたかった曲を挙げたら、全部になってしまうけど、
演奏してくれた楽曲は、どれもこれも思い出深くて。
抱き締めるように聴いていました。

それから、メンバー紹介のあのまっすぐな声が心地よくて。
やっぱり、りゅうだなぁ、って。


コメント(0) 
共通テーマ:moblog